ENGLISH
トップページ > 製品案内 > 強制電蝕式 切離しトランスポンダー

強制電蝕式 切離しトランスポンダー

型式:STD-301

本装置は音響式トランスポンダで、小型・軽量・低価格を目標に開発されたもので、切り離し装置と併せて各種海洋観測機器の設置・回収に使用するものです。
また、非常に小型・軽量のため取扱も簡便で、様々な海洋観測機器への取付が容易になっています。

仕 様
送信周波数
8.3kHz ~10.7kHz
送信出力
25W
送信パルス幅
0.25 秒
送信チャンネル
3 ch
送信モード
3 (呼出し ,コマンド ,リセットコマンド )
コマンドコード
最大 54 コード
受信周波数
8.0kHz ~11.0kHz
受信チャンネル
4 ch
電源
DC9,12,36V
重量
約5 kg( 空中 )
寸法
φ 60 ×L590 ㎜
使用水深
~ 6,000m
材質
チタン

強制電蝕装置

型式:ALS-20SR

本装置は、設定した時間経過後、海水中に暴露した金属板を腐食させ、錘等の切り離しを行うものです。リードSWを採用し、スタート/リセットの際は、マグネットを近づけることで行うことができ、SW部を直接触ることや、ケーブルの接続が不要な為、防水容器等へ組み込んで使用することが可能です。また、スリープ機能を搭載し、電源接続状態でも省電力を実現しています。

仕 様
タイマー回路部
設定時間
1~999 時間( 1時間単位)
スタート SW
リード SW
リセット SW
リード SW *スタート SW と別
電源電圧
DC9V
消費電流
起動時 20mA,スリープ時 1mA
切り離し電圧
DC12V
切り離し時間
20 分
動作確認機能
赤 LED/ 青 LED の点滅・点灯
オプション機能
フラッシャー /ビーコン制御
電蝕部
電飾部材質
ステンレス
コネクタ・ケーブル
RMA-BCL(チタン)/RMA-FS(LS付)・1m