ENGLISH
トップページ > 製品案内 > 海底間 精密測距用 海底局

海底間 精密測距用 海底局

型式:ALP10-BSB14

海底間測距装置は海底に設置された複数の海底基準局からなり、基準局間で音響による精密距離測定を行うものです。 音響を用いることで電波の届かない海底においても設置された海底面間の距離的変異が観測可能となります。
本装置は海底から音響・測距部を立ち上げることで音響屈折による影響を無くし、より遠くまでの距離測定を行うことが可能です。 計測は受信波形自体の記録のほか、波形の相関処理による精密距離測定結果、方位・傾斜角、温度、圧力(オプション)も同時に記録し、内部電源を用いて1 年以上の観測が可能です。
さらに、本装置には音響トランスポンダを内蔵しており、海上から制御装置を使用して音響通信を行うことで海底基準局の設定変更や計測状態の確認が可能で、計測終了時にはアンカーを切離して浮上させ、回収することが可能です。
切離し部や組電池は、オプションとなり、設置状況に応じて仕様・形状の変更が可能です。

仕 様
送信周波数
機器識別信号(変調) 10.204 (kHz)
測距信号ヘッダ 9.709 (kHz)
測距信号(M系列/sweep) 10.000 (kHz)
送信出力 180 (dB)
受信周波数
機器識別信号 Ans-1 : 8.065 (kHz)
Ans-2 : 8.621 (kHz)
Ans-3 : 9.259 (kHz)
Ans-4 : 9.709 (kHz)
計測可能距離 3,000 (m)
音響通信距離 10,000 (m)
方位計計測範囲 0~359.9 (°)
傾斜計計測範囲 ±20.00 (°)
温度計計測範囲 0~60 (℃)
(0.001単位)
圧力計測範囲 0~9,000 (m)
(0.001単位)
記録容量(SD,Max2GB) 125,000 (計測) *Option増量可
インターフェイス

RS-232C
仕様 38.4(kBaud), 8(bit), P無, 2Stop
電源
測距部(計測) 計測用 : DC 9 (V)
音響用 : DC 24 (V)
トランスポンダ部 受信用 : DC 9 (V)
音響用 : DC 24 (V)
切離用 : DC 12 (V)